スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃事件

コメントをぼつぼついただき、とてもうれしい限りです。ありがとうございます!

はてさて、とりあえず登れるように・・・・で予告した、衝撃事件

衝撃事件というよりも、笑劇事件です

それは、やっとこさ、六甲山、丁字ヶ辻まで、登れるようになった残暑厳しき金曜日の朝のことじゃった

いつものように朝早くに、今日も元気で飯がうまい!ばりに、目を覚まし(意味不明)、

寝ている家族に迷惑をかけないように、そーーーーっと、泥棒ばりの静かさで、家を後にして、向かう先はもちろん 表六甲

えっこらえっこら、登ります。途中で、カラスに馬鹿にされながらも、カラスに、

「こっちはつらいんだよっ!!ああっ!」

と、無意味な威嚇をしながら、朝っぱらから汗だくです。

そして、到着 丁字ヶ辻

その時、時計に目をやると、まだ6時。

「おお、まだもう少し時間があるぞ!よし、今日は、ついに念願の六甲山頂なるものを拝みにいくかっ!」

その時は知らなかったのです。実は、丁字ヶ辻から、一軒茶屋(山頂代わりの目標ね)までは、それなりに距離があるってことを。。

そして、もう一つ、これは、よおおおおく、分かっていたことなんですが。。。。。。

と、まぁ、それは後ほど、ばれるとして、

丁字ヶ辻を、右に曲がり、六甲山頂を目指します。当然、脚にも相当きているわけで、もう、こっからはそんなに登りはないんだと、勝手な妄想のもと、六甲山郵便局の前を通り過ぎます。

そもそもですねー。僕は今は六甲山ふもとに住んでますが、出身広島東洋カープで、おのぼりさんとして、東京の生活が長いのです。

つまり、土地勘がない。。。。つまり、ローディー記事を見るにつけ、この一軒茶屋なるものが、どこにあるのか理解してないわけですよ。

愛娘をつれて、アスレチックに来たこともあるし、六甲山カンツリーハウス釣堀でうらっ!と、鯉の前にえさをたらしたこともあります。(がん無視でしたが。。)。でも、一軒茶屋は知らない。山頂がどっちかもしらないのです。

でも、がんばって進んでいくと、オルゴール美術館だかなんかがあり、あの辺の坂だって、馬鹿にならないくらいつらい。。

そこをえっちらおっちらを上がり終え、左に行くと、六甲山カンツリーハウス、右はよく分からない。。
とりあえず、左に上がっていきました。。思えば、そのまま突き進んでいけばよかったのです。

でも、なんか、違うんじゃね?ってことで、そこから引き返しました。。。

さっきの左に曲がったところまで戻って、今度は逆の右に行ってみました。

そしたら、少し下って、なんかよく分からないところに到着。あー、ここは、どこじゃ???

ちょうどよいことに、マップがある。

が、ここで、重要

僕は、方向音痴です!

そして、知らない場所の地図、見たって分かるはずがない。

とりあえず、進むしかない。。。。そしたら下った分、登りがやってきました。

えー、登りかよー。もう勘弁してよねー

その時は、まだ知るよしもない。。その先さらに過酷な状況になることなんて。。。

その袋小路のようになっていた小さなくだりと小さなのぼりを登り終え、多分、元にいた近辺に戻ってきたのでしょう。

が、もう完全に僕は、金曜日の早朝、思い出迷子、もとい、迷子ちゃんです。

ふと、見ると、目の前に道があるじゃないですかーーー。

方向音痴全快。迷わず進みます。。。(あーあー、やっちゃった)

そしたら、運よくその道は、くだりです。

それも、どうも長丁場のくだりです。

その時、僕は、都合よく物事を解釈していました。この時点で上ったことのない、西六甲道か東六甲道を俺はくだっているはずだと。。。

ですがねー、気づいちゃいたんですよ。だって、正しき方向に行ってるなら、海がみえんと、おかしいじゃーーん。

それが、景色は思いっきり山、山、山。遠くに見えるのは山、山。

これ、逆来てね??

一瞬、頭をよぎりました。

でもね、もう止まれないんですよね。止まって今の坂道を登りなおすなんて、無理、むぅりーーー

完全なる逃避です。目の前の苦痛からの逃避をして、どこに着くかは、道に聞いてくれーーー。わはは。

という、無責任さで、進んでいったら。。

あーあ、裏に降りちゃった。。。

三田のアウトレットに家族で出かける時の六甲山のトンネルのうらっちょ出口。

思いっきり、裏です。

やべ、予感的中。というか、ここどこ?やっちまったぜえええええええええ。

僕にとって表側の神戸はまだいい。でも、裏は異国です。ナビ付きの車以外では出没したことのない、未開の地です。

はてはて、どうするよ、。俺。ま、でも、なんくるないさ。

その時はまだ事態の重要さにあまり気がついてないメイパパでした。

(後半に続く)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

山の上のは別世界

六甲山になんとか登れるようになりましたーーーー文章を、先日書いていたら、無性に登りたくなってしまいました。。。実は当分の間、自粛をしていたのです。とある理由で。


色々な事件を巻き起こしてくれる六甲山(それはまたおいおい)ラブリーな存在です!

ということで、土曜日は素直に明石大橋までを往復したんですが、昨日は昇りました。

少しずつ昼の時間が延びてきていますが、まだまだ朝明るくなるのは7時。長距離行きたいところですが、家族と過ごす時間も大切。自称とっても優しいメイパパは、昼ごはんまでには、シャワーを完了できる時間には帰宅をします。
はてさて、六甲山 表六甲

久しぶりにいくぜー、と、鼻息荒く家を出て(何故か行き先は家族にはないしょ)、いつものコースで表六甲上り口に向かいます。プランは、表六甲→西六甲を下る→元気(時間)があれば、神戸空港→帰宅

というプランでした

久しぶりの表六甲、とってもとってもつらい

ふへー、こんなのよく登ってたなー、ってなばりで、えっこらえっこら

勾配を見るとマックスでも16%程度なんですな、実は。僕はてっきり19%とかかと、勘違いしてました。。

心が折れそうになりながらも、えっこらえっこら。

鉢巻展望台で、一瞬心が折れてやめそうになったけど、最後までえっこらえっこらです。

タイムは。。。。

がーーーん、遅くなってる。

うそだうそだー。今日は確かに久しぶりに登ったから、つらさ倍増だったけど、こんなに遅いわけない。。
(多分はじめて登りきれた時と同じくらいのタイムです。。)

ちょっぴりショックでした。。。

真冬重装備のせいだ!!ぜってー。そうだ、そうに決まっている。
血と鼻水のにじむような日々の特訓の成果がないわけがない!
(うそ、特訓してないし、たんなる正月太りのせいです)

ま、そんなことはよいとして、丁字ヶ辻までたどり着きました。

むむむ??思ったよりも雪が残っているなー。なになに、気温は2.7度か。
氷点下じゃないし、ま、なんとかなるっしょ(安易)

よし、じゃ、下りようにウィンドブレーカーを着て、西六甲を下るぞーー

と、西に向かい始めました。

道路に雪が残っています。わだちのところだけ解けている所もあるけど、わだちのところもまだ、雪が残っているところも。。

やばいやばい、これはやばいぞーー。そーっとね、そーっとね、と、左のクリートははずしたまま、ゆるゆると進みます。

が、やっぱり案の定、

つるっ、どってーーーん。

見事に転ぶ。。。まぁ、雪の上に低速でこけたんで、怪我もなんもなく、普通にこけただけだから、ダメージはくらわなかったので、よかったんですが。。。

でも、対向車の運転手も、きっと驚いたに違いない。

「こいつ、馬鹿か。こんな雪深き冬山を自転車くんだりで登って、そりゃ、こけるわ、ぼけっ!」

という軽蔑の視線を浴びせかけられました。

こっちは、必死ですよ。こけたくないし。無事に家に帰りたいしぃー

こういう時、性格が出ます。表六甲は少なくとも走行可能だったわけです。

だったら、もどりゃーいーじゃん。でも、戻らないのです。

武士は、きびすを返すことはしません(うそ、たんなる無謀な人なだけ)

そろりそろりと、くだり、雪がわだちのところは解けているところを、着実に選びながら下ります。

ふと、気温を見ると、、、マイナス一度。

うわーい、氷点下!

そりゃ、そうですよね。雪があれだけ残っていて、人工スキー場が繁盛する六甲山です。昼間だって、バリバリ氷点下でなきゃ、そうでなきゃ!

下界に戻って一安心。あー、死なずにすんだ。

おっかなびっくりな銀世界くだりの旅でした

ま、考え方によっては、丁字ヶ辻までは、登れるってことが分かったのでよしとします。(ということは、確実に登ります。土日どっちか。。)

そして、こんな大馬鹿野郎以外にも、あと3名ほど、馬鹿野郎を見かけました
2名は、表六甲を下ってらしたので、多分丁字ヶ辻まで!とすでに見切っている猛者
1名は、西六甲を登ってました。。。。その先、雪につき、注意!!

と、ふと言おうかと思いましたが。。あの方は、どもまで行ったのだろう。。。

でも、皆さん、坂にはまると、登らずにはいられないんでしょうなー。

かく言う、貧脚な僕も、やっぱり登るとつらいけど、楽しいのです。

つまりは、

坂馬鹿=マゾということで!

そう思いません???

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

メイパパ

Author:メイパパ
六甲山のふもとに住んでいます。
こんな坂自転車で登れるの?という疑問からロードバイク人生がスタートしました。

東京都に引っ越しました
ロードバイク人生第二幕の開始です
一体どこに行けばいいのか悩む日々

そうとうあいもかわらずど貧脚です



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
アクセス数
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。