スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3週間乗れなくて実感したこと

先週金曜日に3週間ぶりに、社会復帰、じゃないや、ロード復帰をしたメイパパ

まだ、右腕をひねると痛いし、肩に出ているぽっこりは、治らない。

肩は上がるけど、腕への振動が、いつもに増して疲労を早めるに違いない

でも、先生も、そろそろいいって言ってたし、うずうずしてしょうがない。。。

ので、いつものように、、。。

というか、久しぶりに4時半ごろ、おきだし。。悩む。


行くか?


まだ、待つか?



この葛藤で、行かなかったことの無いメイパパは、もち発進!




もちろん、復帰緒戦は、表六甲から入ります

そこが、原点

勝手知ったるあの勾配

ああ、なつかしの表六甲おおおお


と、ノスタルジックは、おいておいて・・・



まずはじめに気がついたこと、それは

心拍が異様に高止まり・・・

負荷を落として、久しぶりだから、本当に、ゆっくりゆっくり登ったはずなのに、

心拍が高止まりしたまま、落ちてこないんです。。。



心肺が弱っている・・


そんなにすぐに?って、思うでしょ?


僕も、3週間程度、何も、変わらないつもりで、意気揚々と、表六甲にむかったとですよ。


たかが3週間、されど3週間


ま、金曜日は、そこまでの体力の減退を認識せずに、久しぶりにいい汗かいたなー、って、感じで終了し、


あ、でも、登っている時は辛かったですが、下ってから(おそるおそるね)、平地を家に向かう区間

少しスピードを出した時の、あの爽快感

あー、やっぱりロードバイクは、楽しい、すばらしい!

その魅力に、少し離れていて再認識

そして、そして、このロードバイクが僕にくれている健康(怪我したけど)って、やっぱり何者にも変えられない。。。。


メイパパの目標。

僕は今40歳です

見た目、若く見られるので、人は40歳だとはなかなか信じてくれない

でも、1973年生まれ丑年だから、間違いなく40歳(そんなことはどうでもいい)

あと10年たったら、娘は16歳

年頃だよなー。。。しくしく

って、そーじゃなくて、パパは、50歳になっても、今とあまり変わらない体力と見た目と、

いや、いっそのこと、今よりも、強い肉体と、体力と、おじさんにありがちな、加齢臭とも縁が無く、メタボないけてないオヤジとも、縁が無く

うおっ!と、誰かに振り返ってもらえるような。。いっそのこと、そこの若いねーちゃんと・・むふふ

じゃなくて、ただただ、娘に、パパお口くさーい。

おばあさん、ポリデント

じゃなくて、


娘に、


パパ嫌い


と、言われないために。。。


選手宣誓終了


うそうそ。

どーせ、奴は、パパをけちょんけちょんに、するにちげーねー。

ふんっ、そん時は反撃じゃ!パパはただでは、負けん!家出したる。自転車持って。



って、なんだっけ??


あ、えーと、ロードバイクはすばらしい!

そして、愛娘が一言

「やっと、パパ普通の生活にもどれて、よかったね!」


優しい子だよ。誰の子なんだか??ほんと。


脱線脱線


で、土曜日


心肺の不甲斐なさを、確認するために、


今度は、東六甲を登る・・・

今度は何が起こったか??

34-25Tじゃ、登れません。。。

ただでさえ、貧脚なのに、脚力も落ちとる

そして、もちろん、心拍も高止まりです。


東を登りきった時、、、脚も使い果たし、心拍も辛い

久しぶりなので、どうもエネルギーメーターが減っていくのも、早い


あと、梅雨が明けて、初めて走行するわけですから、暑い・・


脚を使い果たし、心拍も高い、エネルギーも切れて、ハンガーノック気味、暑い夏の真っ盛り?なんだか熱中症っぽく、なんとも気持ち悪い・・・



その時、、僕の頭をよぎったもの


① 東六甲を下って帰宅

② 再度山を下って、平地で距離を稼いで帰宅


もー、へろへろなんです。。

普通、①でしょ。もー、速攻家にかえるでしょーーーが。ふつう。


しかし、何故かマゾな僕は、、、。。。この気持ち悪さの先に何が出るかな?何がでるかな?ちゃらららっら、ららららーーー。


でもね、本能的に何か思っているわけですよ。


僕たち世代って、まだまだ、真夏のグラウンドを、水補給を禁止されて、走らされるという

虐待が公認されていた時代


僕らの時代

それは、教師が、虐待をしようが、体罰をしようが、女子に少しばっかりスケベーな事をしようが、教師が免罪符を持っていた時代


鬼の勝島めっ!(実名)


となると、やっぱり辛いほうを何故か選ぶんです。

だから、僕が選んだのは②


そして、②を選ぶって事は、再度山って、西六甲から入っていって、下るだけじゃないんです。。少し下り方向にも登りが・・・


その無駄な更なる体力の消耗・・

すれ違うローディーたちが、活力満々に、登っていきます。

ちょと、綺麗目なおねーさんも、登ってた

やっとこさ、再度山の上り口に到着


ふう、さて・・・





さて、いくかっ!





あれ????




②番?????





② 再度山を下って、平地で距離を稼いで帰宅




なぜ、さて、いくかっ!になるんだよーー。もう。。


でも、登り始めてしまったら、仕方ない。


こっから、正直拷問というか、死にました


まず、すでに脚を使い果たしており、復帰第二戦目

ハンガーノック、熱中症気味の気分の悪さの中、


ゆっくりでも、再度山を登れない



途中、仕方なく止まる



そして、おもむろに、スニッカーズを出し、かじりつく(本日はじめての補給)


しばらく、息を整える


もどる???それとも、進む???


武士に二言はござらぬ。進むのみじゃ


地獄だよーーー。

しくしく

そんなこんなで半べそかきながら、再度山と西六甲が交差する地点まで、戻ってくる



家は、右(表六甲経由)

楽なのは、左(西を下り、有馬街道を降り、2号線とかで、帰宅ルート)


もち、


ゲロ一歩手前で、僕が選択するのは、


右・・・・



だってさー、有馬街道のところにある、トンネル、怖いんだもん。あそこで、車に引かれたらいやじゃん。だから、辛くても登るしかないじゃんかさー。


つーことで、性懲りも無く、さらに西六甲を登る・・・


スピード出ませんって、。。。つーか、いっそ殺せ


西六甲の斜度が、低いことだけが救い


そうして、やっと丁字ヶ辻まで着いたとき


もう、帰宅気分(やっぱり表六甲は、庭)


そうして、やっとこさ、帰宅したのでした。。


この日、どうして僕はそんな行動にでてしまったのか。。。


心の中にあったもの、それは


2000キロカロリー消費したい


何故か2000にこだわる


ぼろぼろになって、帰宅


これが、3週間のブランクの結果です。


そして、日曜日は回復走と称して、山はなし。変わりに平地をたらたらしました。暑い中、心拍が少し低くなってきた

今日の朝も、ひそやかに登りました。もちろん、踏まない。。心拍は、そろそろ普通に戻ってきた


が、戻らないもの、それは、貧脚が、ど貧脚になってしまったこと。。。


こればっかりは、もっと時間がかかるに違いない



でもね、こうしてもどれて、幸せです。

朝っぱらから、裏山で、はぁはぁ、変態吐息で、カラスと喧嘩できてるのが、幸せってもんですなー


七夕は、とっくにすぎちゃったけど、少しずつ、頑張って、25Tが踏めるようになりたいし、23Tも19Tも。。。


ま、しばらくは、まだまだコンパクトクランクのままですがねーーー、何か?


相変わらずの雑文、長文、意味無い文章。すいまっせん。

明日の朝も、雨降ってなかったら、多分登ります。足パンパンだけど。。。そしたら、また出張の嵐。。3泊4日、東京出張ですたい

相変わらず、仕事もこき使われるのう。。。

こちとら、重病人だっつーの!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

落車の原因 と 感謝たくさん

温かいコメントをくださった皆々様方、大変ありがとうございました

落車から約3週間

無事社会復帰もし (1週間会社を休んだ)

今日の朝、無事、表六甲朝練も、リハビリと称して、復帰しました(はやすぎ)

右の肘のヒビは、ほぼくっつき、腕をまっすぐに伸ばすことが出来るようになったこと

肩鎖関節は、そのままなので、骨がぽっこり出ていますが、徐々に稼動域が、広がり

普通に右手で、箸をもってご飯も食べれるようになったし、髪の毛も洗えるようになりました

人間、怪我して不自由すると、健康のありがたみってのが、実に実に、身にしみます

あとは、家族の支え、ありがたいことです


お互いに、体だけには、気をつけましょうね


さて、後学のため、というか、参考のために、事故の原因については、書こうと思います

すでにツイッターでは軽く書きましたが


落車したのは、

僕がへたくそだから、ではありません(へただけど)

もしくは

路面がぬれていたから、でもありません(ぬれてたけど)


理由は


チューブラータイヤが、リムからはがれた、からです(後輪)


アワイチの由良の下り


確かに路面も少しぬれていた


でも、激しく下り坂を、攻めていたわけでもない


突然、コントロールを失い


というか、気がついたら、もう倒れていました


あとでみて、タイヤがはがれているのを確認したのです

で、問題は、なぜ、こういう事が起こってしまったのか?


僕はドグマとともに、ボーラワンを購入して、落車するまで約4ヶ月

たった4ヶ月で、チューブラータイヤが、リムからはがれるの?

確かに、僕はミヤタのテープがどの程度持つのかって事も、あまり理解してません

が、問題はどうやら、僕の日課と使い方にある


そうです


僕は、できるだけ、表六甲を朝登ってから、会社に出勤する、六甲友の会、会員です

ほぼ毎日(でもないけど)のように、六甲山を登り、登った分、下る

下りでは、ブレーキを多用

その分、カーボンホイールは、あっちっち

それを、繰り返す




あちーちー、あちーちー、燃え滾るカーボンホイール










ミヤタテープが、熱で溶ける・・・・・・



溶けたテープが、溶け出して、リムとタイヤの隙間から、ダマとなって。。。


その溶け出していたミヤタテープのダマを、僕はてっきり、ボーラワンのステッカーをはがした時に残った糊だと。。。


のんきな奴です。その溶け出したミヤタテープダマを、指でつついて?なんじゃこりゃ?と、プチプチと、採取していました

パンクして交換していた前輪からは、このダマは、当然出てない。。そこで、気がつくべきなのです。これは、内部から出てきている何かだと。。。


で、当然、溶け出しているわけですから、ミヤタテープの粘着力も落ちているわけですよ・・・


徐々に徐々に弱った粘着力が、そして、ついに耐えられなくなったチューブラーが、横負荷がかかった瞬間


べごっ

と一部分ホイールからはがれ・・・




今日の朝、恐る恐る、六甲山を下りました。そうとうゆっくりね。


でも、きちんとメンテナンスをしていれば、僕のようなことは、起こりません。


教訓


カーボンホイールチューブラーで、山岳ライドの頻度が高い人は、少なくとも3ヶ月で、ミヤタテープの張替えをお勧めします

タイヤは大丈夫ですが、テープが熱によって溶けます



そして、僕は・・・クリンチャーホイールを買いました(逃げる)


いや、逃げるというか、確かにボーラワン、身に余るくらいいいんです。性能という意味では、猫まっしぐらに他に浮気しないくらい好きです

でも、山登りばっかししたいし、安心して乗ってたいし、ロングライドに、チューブラー2,3本かついで行くわけにもいかないし


パパは、メイのためにも、無事に帰宅しなくてはいけないのです


という、大義名分もあり


フルクラム レーシングゼロ 2way-fitを、ウィグルで購入


いきなりドグマ

いきなりボーラワン

いきなり???レーシングゼロ?

なのかは、分かりませんが、浮気していくつもクリンチャーホイール買うわけじゃないので、いーーーんです

少なくとも、我が家の、興味ゼロ 家内が、いいと、いったら、いーーーん、です

ま、家内にしてみりゃ、びっくりですよ。

丁度その時、家族は東京でして。。。その日の夜戻ってくることになってました

僕は、アワイチ、行き先だって、知らせてない

突然朝9時くらいに、旦那から電話がかかってきて


「アワイチで、落車しちゃってさー、今救急車なんだけど」


って、そんな電話うけたら、、びっくりでしょ?


ので、金だしていいから、安全なのを買え、と、。。。厳命


ま、でも、ほんと、この程度の怪我ですんで、よかったです。


最後に、


淡路島で助けてくださった皆様、本当に、本当にありがとうございました


法事か何かで、淡路島にこられていたハリアーに乗ってらしたご夫婦の方

わざわざ、車から降り、僕と自転車を、道路わきまで運び、救急に電話して、位置やら僕の状態を伝えてくれ、

自転車は、救急車では運べないから、でも、ここに放置してちゃいかんということで、近隣の寺に預ける手配をしてくださり・・・

救急車が来て、お礼もいえないまま、ハリアーに乗って、走っていかれたので、申し訳なかったですが、本当に、本当に、あれこれと、助けて頂き、ありがとうございました



熟練年配のローディーの方(多分、オレンジの字で、MERCKXというロードバイクに乗ってらしたと思うのです。加古川の方だと、おっしゃってました)

救急車に乗せられないだろうから、と、僕の自転車を、お寺かどこかに預けてもらうため、僕の自転車を片手で押して、登りを登ってくださった

結果、救急車に乗せられて、ドグマも一緒に病院に行きましたが、そんな、面倒を見てくださり・・

そして、救急車に自転車を乗せてくれながら、、

「ホイール、ふれてないと思うよ」

と、おっしゃったので、

「フレームにも傷がないようで、よかったです」

と、僕がふざけた答えをすると

「自転車なんか、金出せば、直るんだよ。体のほうが大切!」

お叱りいただきまして。。

相当長くロードバイクの乗ってらっしゃる方のようで、本当に、その言葉が、身にしみました。

この程度で、すんで、よかったですが、本当に、体あっての、です。肝に銘じます。


救急の方々。本当は自転車乗せちゃいけないのに、自転車も乗っけてくれて・・・

怪我の程度という意味では、多分命に別状がないものの、色々と気遣ってくださって

病院についても、所持品、金銭的なもの、そして、自転車を、病院の方に説明してくれて、盗まれないように奥の方に、確保してもらうように、話していてくれたようで。。。

お仕事として、救急の仕事をされている中で、そんな温かい気遣いをくださって、本当にありがとうございます


それから、、、、

病院で、レントゲンを取って、脱臼だけど、この場じゃ、直せないから、手術だといわれ、後は近くの病院に行くように

と、

で、当然、そっから家に帰らなきゃいかん。。

といったって、一人で来たアワイチ、家族は東京、格好はレーパン、自転車を乗って帰れる状況でない


となると、自転車は病院に預かってもらっておいて、何とか自力で、芦屋まで帰らなきゃいけない


病院で聞くと、高速バスが三宮まで出てるとの事、三宮まで行けば、電車で帰れる


と、そんな会話を聞いていた、病院に薬だとか医療器具を、納品に来ていた、医薬会社の方


「バス停まで、歩くと、それなりにあるので、僕が乗せてってあげますよ」


って、、、(涙)


しかも


「仕事が暇だったら、芦屋まで、送っていってあげるんだけど、ごめんなさいね。。」


って、、、(涙)


と、皆さん、本当にありがとうございました!


僕はこれに懲りずに、淡路島にアワイチに行きます!

そんな、温かい人たちが、住む島ですから、もっともっとグルグルグルグル周りまーーーす!


長文になってしまいました


何はともあれ、助けてくださった方々のおかげで、無事に復帰出来ました


感謝感謝です

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

落車 肩鎖関節脱臼

右手が使えません

しばらくは治療に専念します

一人アワイチリターンズ

由良の下りでした

冷静な原因はあらためて後日

そこまでの平均速度が30.7

あのままいってりゃ、一人で平均速度30ごえが出来たのに・・・

と、一歩間違えたら危なかったけど、ロードバイクやめようとは思いません

感謝しなくてはいけない方々もたくさん。。。

見ず知らずの方々に助けられました。それも改めて

手術は行わず保存治療となりそうです

肘にもかるくヒビです

不幸中の幸い、この程度ですんで、本当によかった

娘の顔をみて、生きててよかったと思ったメイパパでした
プロフィール

メイパパ

Author:メイパパ
六甲山のふもとに住んでいます。
こんな坂自転車で登れるの?という疑問からロードバイク人生がスタートしました。

東京都に引っ越しました
ロードバイク人生第二幕の開始です
一体どこに行けばいいのか悩む日々

そうとうあいもかわらずど貧脚です



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
アクセス数
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。