スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撃沈

かくしてFP1をゲットしてスタートしたロードバイク人生

見た目から入るという鉄則を守り、ぴったりとしたレーパンの上下をピナレロカラーじゃなくて、何故かリクイガスカラーでそろえた。で、ヘルメットはKASK(SKYカラーじゃなくて、赤白ね)

靴はたまたまお安くなっていたMAVIC

まぁ、素人には十分すぎる装備です。

FP1の前オーナーさんが、いい人で、エゾンうんちゃらさんの、ロードバイクポジションとメンテナンスの本をプレゼントしてくれたので、それを見ながら、はじめにやったことは、サドルの調整

これは僕のような初心者には分からないことですが、このサドルの位置やら、ハンドルとの距離、ステムの長さ、そしてクランクの長さ、サドルの後退幅、それが程よく体にフィットするってのが、とても大切なんですね。。

そんな緻密なものだと思ってなかったので、ま、こんなものでしょうと、気軽に調整して、町へ出たのでした。

まずおっかなびっくり、10キロくらい走った。

ランニングで走っている距離なんて、簡単に通り過ぎてしまう。

晴れてローディーの一員となり、颯爽と風を切る爽快感がたまりません。

ああ、これは、なんともよい趣味を手に入れたものだ!いいぞいいぞ。

しかーーーし、世の中そんなに甘くない

そう、お尻が、坐骨が、いすに座れないくらい痛い!

このお尻の痛み、サドル探しの旅に出てしまう人がいるくらい切実な問題です。いきなり、サドル変更??それともこの痛みは慣れれば、なくなるのか?

せっかくはじめたロードバイク、けつが痛いようじゃ、楽しめない。

フリーザ最終形であるドグマへの道も閉ざされてしまう。

うぅ、こんなはずじゃなかったのになー。と無様にお尻を抱えてうろつくパパなのでした。

そういや、前オーナーから代金引換で代物を受け取った時

「まずは100キロ走れるようにがんばってくださいね!」にやっ

というお言葉をいただいていたのです。その時は、

ふ、なめてもらっちゃ困るぜ。それなりにランニングで鍛えた足よ(うそ)、人様に出来てわしにでけんはずはない

と、たかをくくっていました。

実際、物理的筋力的に走れるか?という質問の前に、そもそもけつが痛いんじゃ、こぐことも、もといサドルに座ることもままならん。

それが、はじめにぶち当たった壁でした。

人間痛みには弱いもので、思い余ってサドルを物色しまくり、東京出張時にもY's Roadで物色

安いサドルがたくさんあったので、その中の一つでも試してみんかと、物色しまくり

でも、どれを選べば迷える子羊を楽にしてくれるのか分からんもんで、やっぱし店員さんに相談

「まだ初めてちょっとなら、もう少し我慢してみてください。お尻の筋肉とかが、それようになってないのだと思います」

それようって、なんだよー、と思ったが、がんばりなっせ!っと力強い励ましをもらったのです。

だから、サドルを探す前に、なれるほうが先なのだと、がんばってがんばって乗り続けました

だんだんと距離を伸ばし、家から明石大橋まで(28キロ)行ったりして、おお、こんなところまでこれるじゃーーーん。と感動したものです。

が、お尻の痛みはなかなか解消されない。。。行きはよいよい帰りは怖い。明石大橋から、帰り道は殆ど立ちこぎ(決してダンシングではない)状態で帰った時もありました

いよいよ、しりがいかんねー。やっぱりサドルかえんといかんがな、もし

と、思っていたとある日、

ハンドルのしたに入っているスペーサーを発見。ということは、こいつを組み替えれば、ハンドルを少し下げることが出来るのでは?とおもって、下に4つあったスペーサーを、2つ上、2つ下に変えて、ハンドルを下げてみた

そしたら、あーた、お尻の痛みが消えたじゃーあーりませんかっ!

教訓

サドルの素材や形状、経験値も当然重要です。お尻も、それようになったのでしょう。
が、ポジション、特に体重がきちんと分散(しているかどうか分からんが、すくなくとも以前よりは)していること、適切なサドル、ハンドルの高さ

つまりやっぱしポジションが、ちゃんとしていれば、尻はそんなに痛くならない

かくしてお尻の痛み問題は、解消したのです。こうして一つずつ大人になっていってます

そしてロードバイクにはまってしまう理由もよく分かります。理屈っぽい奴もはまる。メカをいじりたい奴もはまる。マゾもはまる。運動音痴も運動馬鹿もはまる。物欲の塊の人も質素な人もはまる。

ロードバイクは色んな要素を持っているんだなーと。

車やバイクは自分でメンテナンスってなかなか難しいけど、ロードバイクは、ある程度自分でできる。

FP1でも、十分なほど愛しているわけです。ドグマが来たら、どなどなーーと、売られていく身分のFP1だけど、とってもいい夢を見せてくれている相棒です。

ある日、ベランダでFP1を磨いていたら、愛娘が

「パパは、自転車が大好きなんだねー、大切大切にしてるもん。毎日のように乗っているし」

と、多分、自分にかまってくれないし、パパを自転車にちょっと取られた気分だったのでしょう。
少し寂しそうな顔でいうもんで、

「そうだねー。でも、メイが一番大切だよ」ぎゅーーー

っと、思いっきり親ばかパパなのです。(いかん、これでは、娘が好きすぎるパパのブログだ)

も一つついでに。

FP1をゲットする前夜、

「パパさぁ、自転車買うことにしたんだー。こないだ頼んだのとは別に、明日一個買うんだー」

と、愛娘に話したところ

「パパは、あ・さ・ひ、っていう自転車屋さんで、自転車をかうの?」

思わず噴出しました。ひらがなを覚えた愛娘は、家の近くの2号線沿いにある、自転車あさひの看板を見ていたのでしょう。

自転車屋さん=あ・さ・ひ

そんなかわいい我が娘が、いつかパパを嫌いになるかと思うと、うぅ、時よ止まれ!

と、世のパパはみんな思うに違いない。

はてさて、お尻撃沈編は、終わり。次は、坂撃沈編だな。。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして!

楽しく読ませて頂きました。
自分がバイクに跨がって、最初のライド(約30kmぐらいかな・・・)に
行ったときの事が思い出されました。 笑

ロードバイクのサドル、これは座る椅子ではなくて
脚で挟んで体を支える、単なる支えなんですよね。

ツールに出るようなプロでも、どかっと座れば尻痛になりますよ
って、言っていました! 笑

早く、バイクが届くといいですね。楽しいライド・ライフを!

Re: 初めまして!

Siruさん、

コメントありがとうございます。まだ脚で挟んで体を支えるという境地には程遠いです・・・(笑)

ドグマは2月には入荷する模様なので、3月には納車されると期待しています。この冬、FP1でしっかりがんばらないと、先輩方に、宝の持ち腐れ、このど貧脚がっ!と怒られること必至です。

これからも宜しくお願いします!
プロフィール

メイパパ

Author:メイパパ
六甲山のふもとに住んでいます。
こんな坂自転車で登れるの?という疑問からロードバイク人生がスタートしました。

東京都に引っ越しました
ロードバイク人生第二幕の開始です
一体どこに行けばいいのか悩む日々

そうとうあいもかわらずど貧脚です



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
アクセス数
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。