スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂撃沈

ロードバイクは、ビンディングペダルで、シューズとペダルがくっついてます

なんで、そんなのが必要なの?って、もちろんロードバイクにはじめて乗ったときには思いました

ペダリングが効率的に出来るようにするため

というのが、模範解答なのでしょう。

が、正直、今も出来ているかどうかははなはだ不安ですが、はじめた当初は、

ペダル=踏む

とにかく、踏みつける

という方程式しかなかったわけです。

だって、普通に人生4歳か5歳か位で自転車に乗れるようになってから、そうやって乗ってきたもん。

愛娘に自転車を教える時も

「そこで、ぐーーーー、と、踏むんだよ。ぐーーーー、そうそう」

という事しか教えてません。

ペダルを回す、ましてや、裏を使え、なんていう高等テクニックなんて知るよしもない

はてさて、そんな前置きをして、本日の議題 坂撃沈です

前述したように、六甲山、表六甲をロードバイクで登る猛者を目撃して、この道に入った僕です。(なんの道じゃ。。)

そりゃ、試さん手はない。

とある休日、鼻息荒く

「パパ、山に登ってきます!!いけるところまでアムロいってきまーーーす」

と、高らかに宣言して、僕は家をあとにしました

目指すは、表六甲旧道です

家から西に山手幹線を約5キロ、そののぼり口 高羽交差点 にたどり着きます

こっから神戸大学を通り過ぎ、六甲ケーブル下駅をとおり、旧道をくねくね、六甲トンネルの入り口を横目に見ながら、丁字ヶ辻にたどり着くルートです。(山頂までは、そっからも少しいって、いわゆる一軒茶屋が終点)

鼻息荒く飛び出して、高羽からは、だんだんと傾斜が強くなって、最大で15%を超える坂をえっちらえっちらと登っていきました。

もちろん、踏んで踏んで踏んで踏んで。

もっぱらもも前の筋肉とふくらはぎの筋肉を総動員してです。

この道の方ならお分かりでしょうが、そんなところの筋肉使って登ったんじゃぁ、すぐに事切れます。

とうぜん、六甲ケーブル下駅にたどり着く頃には、完全に足は使い物にならない、びんびんに張った状態です。

ふぅ、こっからまだ長いんだよなー、でも、もう足にきちゃってるしなー、こんなにつらいものなのね。

という事は猛者の人たちは、どんな足筋をしとるのじゃ。。。。

と、あまりにもスーパーサイヤ人と、クリリンの差に愕然としたのです。(僕クリリンね。もしくはMr.サターン)

が、乗りかかった船、いけるところまで、行かなくばー。

意を決して、六甲ケーブル下駅からスタートし、登りかけました。。

ほんの少し登ったところで、左側に川が流れていて、工事現場みたくなっているあたりで、傾斜が18%だか、まぁ、僕にとっては天文学的数字くらいきっつーーい、ところがあるのです。

すでにパンパンの足。傾斜は、きつい。心臓も飛び出しそうなくらいつらい

うわああああああああ、あああ、む、む、これは、むりーーー。

心が折れた瞬間、

やばい、もう登れん、自転車が止まってしまう

あ、ビンディングはずさなきゃ、はずさなきゃ、はずれないいいいいいいいい

どどーーーん、がっしゃーーーん

僕は見事に、激坂の道の真ん中に自転車もろとも転げこけてしまいました

こけると同時に運よく、ビンディングは外れた模様で

道の真ん中に大の字で、無防備、好きにしてください状態

旧道なので車のとおりは殆どなかったからよかったものの、一台だけ、その横を通り過ぎていきました

きっと、

「何やってんだこのあほ。道の真ん中で、突然こけて、ねてんじゃねーよ」

と、思ったに違いありません。

が、こっちは、必死。

こけた瞬間は走馬灯のように、時間がゆっくり

そして、負け犬となった僕は、とぼとぼとくだりと帰宅の途に着いたのです

今じゃ、ビンディングをはずすのは、本能的に出来るようになりましたが、はじめたてのころって、皆さん経験するはずです。いわゆる、たちごけ

まぁ、坂の途中でのたちごけ、というより、燃え尽きた男の、だっさーい、撃沈ごけです

「燃えたよ、燃え尽きたよ、真っ白によ・・・・」

ジョーーー!!!ってなかっこいいものじゃなくて。
雑魚との戦いで力を使い果たし、ましてやフリーザとの戦いに、あまりのレベルの差に、手も出せないで見ているクリリンばりの、ダサさです。(クリリンファンの皆さん、ごめんさい)

この経験、実にくやしゅうございました。俺には何かが足りない。スーパーサイヤ人とはいかなくとも、ピッコロにもなれないのか。。。これはクリリンの宿命なのか、努力ではおぎなえないのかーー

いつか必ず・・・・このままじゃ、終われん

そう誓うパパなのでした

(続く)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メイパパ

Author:メイパパ
六甲山のふもとに住んでいます。
こんな坂自転車で登れるの?という疑問からロードバイク人生がスタートしました。

東京都に引っ越しました
ロードバイク人生第二幕の開始です
一体どこに行けばいいのか悩む日々

そうとうあいもかわらずど貧脚です



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
アクセス数
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。