スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会って、、、と、ヤビツ峠

船乗り師匠(しばらく格上げ)の厳命を受け、ヤビツを試してこいと。。。

たらたら鎌倉湘南 海だぜ、いえーい、って、楽な方を企画していたんですが、

命令を受けたらならば、胃えっサー

仕方ない、行くかっ、ってんで、土曜日に出陣

思いで迷子にならないように、もち、ルートラボでコースを引く

家から目黒通りを下り、多摩川にぶつかり、そっから多摩堤通りを下り、中原街道に。。

そいつを、どどーーーん、と進んだり、246を進んだり、ま、そんなこんなで、ヤビツ峠の表側に出没し、

初ヤビツを登ったら、うらっちょを下りて、うだうだっ、と、うらっちょで、迷子になってから、適当に中原街道に戻り、来た道を逆流して帰宅するというプラン


5時に起きる

東京日のでは 5時半

おもむろに格闘してから、出陣

と、その前に。。。

実は、シューズも、何気におニューにしている。。。(何を買ったかは、お・し・え・な・い!)← 意味不明意地悪

それも、金曜日に無理やり各種取り寄せ、、土曜日のヤビツアタックに間に合わせた!!!



で、5時半出発

おニューなシューズを試したくて、がんがんいくっ!

その後もガシガシ進む。。ガシガシガシガシ


ガシガシ ガシガシ


うえーーーーん


道路の標識を見るに、

家から厚木を通り過ぎ、伊勢原を通り過ぎ、、、って、おーーーい、車でいったって結構な距離じゃんかっ!

と、改めて、ロードバイクの恐ろしさを再確認

ヤビツってさー、、、秦野じゃん。

って、やっと気がつくメイパパ

ヤビツの入り口まで、、、家から60キロ。。


とおっ!


山に登るために、その前に、60キロ自走。。。って、どういうこと??


今まで5キロ先に、表六甲トレビアーンな入り口があったんです。。。

いまや、一番近い??いや、有名なヤビツ峠までのアクセス特急が60キロ


ありえん・・・・


しかも、中原街道・・


すてきにアップダウン


で、さらにさらに、

信号多し・・

ストップ、アーーーンド、ゴー

ストップ、ストップ、アーンド、ストップ


もー、イライラ。

思うように進まない。。


そんなこんなで、ヤビツの表側にたどり着いた頃には、もう、かなりぐったりですよ。。

しかも、すでに脚が終わっている感満載。


あれー、おかしいなー、たかが60キロで、こんなに脚に来てるとは、どういうことだ???

なとど思いながら、ヤビツアタックはしないと、心に誓う

信号を一つ二つすごしていると、まー、登っていくは登っていく

沢山、登っていきます。

へー、こりゃ、メッカじゃのう

などと、ほへー、としていたら、

ピナレロな人を発見し。。。

あー、仲間じゃ!などとおもいつつ、おもむろにスタートラインに立つメイパパ

その時っ!


チームジャージをまとうガチ風な3人が、メイパパの後ろにつく


うお、いきなり、信号変わる前にから、プレッシャーをかけられちょる


男は、無意味に、。見栄を張らなくてはならない時があるっ!

ここは勝手をしらない神奈川県

乗っているバイクは、。。。ドグマ

目ざとくガチ集団は、このメイパパを、

ドグマ = 速い人

と期待しているに違いない・・・

わし、ピンチ


くそ、こなくそっ!


信号が青に変わる

まけちゃーらならねえ、俺はまだ神戸のローディ

神戸のローディーのじつりきを、みせちゃる!


と、鼻息荒く、そのガチ集団を。。。。引く。。。

というか、逃げをかます勢いで、ヤビツをガシガシガシガシ

振り返ると、、、、


着いてきてる(泣)


もー、許して、ごめんちゃい、見栄をはってました、はい、もー、無理です。

ぜえぜえはあはあ、。。。


ガチ3人ぐみに道を譲り、たれていく僕・・・

登っていく3人の後姿


東海大学・・・・って


おいおい、若者じゃん、しかもガチ大学生かーい!


勝てるわけなかとですよ。。つーか、スタートのタイミングが悪かったなーーー、ぶつぶつ



で、そこからは、もう、力も電子、版画ノック気味だし、しかも脚が異様に辛いっす

ダンシングオールナイトも効果なし

いつもの(うそ)すいすいと颯爽と登るメイパパの姿はもうそこにない・・・


ふと、後ろを振り返ると・・

さっき見かけたピナレロンが、近い


人里はなれた見知らぬ峠


もち、話しかける


「よく登るんですか?」


を、皮切りに、あほうな話をしながら、だらだらと、、、、、ゴーーーーーール!


タイム

50分切り!

ヒューヒュー、やるじゃん俺(嘘)


と、峠で写真をゲットし、ツイッターの待ちうけは、すでにヤビツの人


で、頂上で、レースピに乗っている方としばし談笑し、


先ほど話しかけたピナレロンな方には、メイパパブログの事実を伝え、ツイッターでつながってもらいました。



さてさて。。。。



思えば遠くに来たもんだ・・・


ま、もちろんこっから家にかえらなきゃいけないんですよねー。

なんか、精神的ダメージが異様に高く、しかも脚がひどい。。


予定通り、裏を下る


裏は、自然が深く、これはありだなー、などと考えながら、しばらくは山ン中をさ迷う


と、ふと。。。

といってもすでに100キロ地点


クリートの位置に違和感を感じる・・・


ん???


ボシキュウより、前にクリートついてね?

コンビニでとまって、脚の裏をじーーーーーー、と、見つめる


働けど、働けど我が暮らし楽にならず・・・


うりゃ、うりゃ、と、ぐりぐり

あー、やっぱ、クリート前過ぎだわ

どうりで、今日は辛いわけだ。

ボシキュウよりつま先にクリートが着いていると、極端に言うと指とボシキュウの間で、パワーを伝達している。。

そのせいで、パワーも弱いし、何より体重も使えず、ダンシングも、ペダルの上に立ってること自体が、筋トレ状態
(まー、ただでさえ、貧脚が、さらにどど貧脚になるだけですがねーーー、何か?)

言い訳ですが・・・・・

繰り返しになりますが・・・・

どおりで、辛いわけだ・・・



納得、ためしてガッテン


と、クリートを修正して、


おー、これだぜー、この感覚だぜーー


と、午後メイと約束のあるパパはばっキューンの、もてる力を最大限に、猫まっしぐらぁ


しかし、また中原街道、。。。素敵なアップダウン。信号多すぎ・・なかなか進まずにイライラ


と、なーんか、マジで、精神的にすげー、楽しくなかったヤビツ初体験でした(いやん)


もー、多分いかねー



さて、神戸のローディーよ、今こそ、ヤビツについて語ろう!


全長は11キロちょと

表六甲は8.5キロくらい

平均斜度は5.9パーセント

表六甲は8.3パーセント

最高斜度は 11パーセント

表六甲は 16パーセント



もち、

表六甲の方が、だんぜん、えげつない。


ゲロゲロっと、だんぜーーーーん、えげつない

ヤビツは序盤10%が1キロ続くとか、結構序盤が辛いとか、言われていますが、

そこんところは、見栄っ張りガチ引きしたので、記憶にございません!

その後の緩斜面も、終わった脚で、たらたら登りましたので、記憶にございません!

じゃなくて、。。。


正確にはヤビツTTしてないので、なんともいえませんが、エグさは、断然表六甲、さらに東六甲が最上級、あ、ハニーも船坂も変態領域

それに比べればヤビツは、たとえるなら西六甲

つまり、おちゃのこさいさい、序の口

これ以上書くと関東ローディーを全員敵に回してしまいそうなので、この辺でやめとこ。

ま、実際、TTをするとなると、別の話だと思いますが、、東六甲でTTをしている人から見たら、物足りないかもですね。(公平に見ても)

脚万全、クリート位置万全(ここ、重要!言い訳マーークッス)だったら、どのくらいで登れるんだろー

ま、40分は切れないだろうな。。。


と、先ほどの東海大学のガチな3人、序盤の辛いところを、僕の見栄っ張り引きのおかげで(うそ)、33分だったそうです。

それでも、今日はいまいちだなー、などと、ほざきながら、踵を返して帰っていったとな


ふ、時は流れるのだよ、若者よ

その若き汗、あふれる体力を、おじさんは、もとからもってないけど、、、、、、見る影も無く、おっさんになるのだよーーー!!

と、訳のわからん、負け惜しみはやめて


と、今日も雑文でしたら、船乗り艦長の業務命令 完了!


もっと、楽しいルートに、誰か、私を、連れて行ってーーー


明日は、、、どおっちだーーーーー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

な〜るほろ!
かなり分かり易い報告、任務ご苦労であ〜る(`_´)ゞ
しかし、関東のヒルクライマーって練習場所探すだけでも大変そうやね。
俺、関西のヒルクライマーでヨカッたww
でそっちに戻って半月経ってないのに、もう数人自転車仲間が出来そうですやん。さっすがやね〜(*^_^*)
今後もたま〜にの記事楽しみにしてま〜すね。

Re: タイトルなし

艦長、カンチョー

ぼつぼつアップします!神戸は恵まれてます。山あり海あり、淡路島あり!

こっちだと、山少なし、アワイチが多分、三浦半島一周⇒ミウライチ???

No title

こんにちは!
関西時代の記事から楽しく読ませて頂いています。
関東は街場から出て来られる峠が少ないですね〜。
人によっては峠を求めて郊外へ引っ越す方もいるくらいですから(^^;
六甲山よりキツいか分かりませんが,奥多摩方面にも色々な峠がありますよ〜。
多摩サイを使えば,都内の車道よりは楽に向かえると思いますし,よかったら挑戦してみてください。
短くてもキツい場所なら和田峠,峠への道を含めて長く楽しむなら風張峠がオススメです。

と,地元のコースのアピールをさせていただきました(汗

それではまた覗きにきますね〜。

Re: No title

TaQさん、

コメントありがとうございます。
奥多摩方面、そのうち出没します!
が、遠いですねー。

ただでさえ、とろいのが、坂も登らないと、さらに遅くなるんだろうなー、と、困ったものです。。。

和田峠、風張峠、行ってみますね。

メイパパ

No title

同じカラーのドグマ65.1、ミューパパfrom関西です。メイパパさん、はじめてのヤビツ、万全の状態でなく50分切りは速いですね〜。 私も6月にヒルクライム参加するので練習をボツボツ開始しています。おそらく自宅も近いのでまたご一緒できればいいですね。同じフレームでおいてかれるの恥ずかしいですが...まあ、トレーンで走っているとホモダチになるのでその方がいいか...

Re: No title

ミューパパさん!

いやいや、先日ヤビツ37分のYuzuパパさんと走りましたらば、如何に自分が極貧脚か思い知らされました~。
ご自宅お近くですか?ぜひ今度ご一緒しましょう。もし、ツイッターされているようなら、メイパパ@Dogma651G6516で、フォローってくださーーーい。二台赤ドグマがそろうってのも、壮観で、楽しげです!
プロフィール

メイパパ

Author:メイパパ
六甲山のふもとに住んでいます。
こんな坂自転車で登れるの?という疑問からロードバイク人生がスタートしました。

東京都に引っ越しました
ロードバイク人生第二幕の開始です
一体どこに行けばいいのか悩む日々

そうとうあいもかわらずど貧脚です



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
アクセス数
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。