スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅島(二日目)

メインエンジン添い寝に比べれば、住環境最高な民宿ですが、決してトレビアーンな、物件でもない。

そりゃ、素泊まり(本当に寝るスペースがあるだけ)+朝夕ご飯がついているだけの質素な民宿

なんだかんだと、二日目の朝を迎えます。今日もとってもいい天気

もう、三宅島に来た事を、心の奥底では、相当後悔し始めているわけですよ。

でもね、それを振り切るかのように、全力でそいつを、心の奥底に閉じ込めます。

いやー、三宅島、いいところだねー、天気もいいし、飯もうまい!はっはっは、今日は何してやろうかなー

と、無理やり自分を鼓舞する。。。。。

もう、おかみさんが、どんな目で見てるか、分かっちゃてるもんで、変なコミュニケーションもなんだかとりにくい。。。。

出された朝食を、味噌汁をずびずびとすすり、、、、とっとと荷物をまとめておとといきやがれっ!

と、ばりに宿をあとにしました。





二日目になったからといって、自転車が急にロードバイクに変わるわけでもなし、格好がレーパンに変わるわけでもない。。。

あいかわらず、重たくて進まないマウンテンバイク風ママチャリと黒装束

自転車のこぎ方なんて知らないわけで、足だって疲れている。

そして二日目も更なる猛暑

と、三宅島って一周何キロか知ってます???

30キロですよ。たった30キロ。

今のロードバイクなら、どんなに遅くったって2時間もあれば、お釣りが来る距離です。

でもね、、、初日は、多分港から数キロでしょう。。。今日のお宿は、そこから多分10キロとか15キロ先。

たいした距離じゃないけど、身も心も精神も、周囲の目もぼろぼろの僕にとって、その距離は、針の筵を歩いている気分。。

途中、溶岩が固まっているような所があったり、きれいな砂浜があったり、、景色としては最高です。

でも、、相変わらず、車で抜かしていく人たち。。わざわざ窓開けてものめずらしそうに、見ていく。

そこに、愛を感じるなら、軽く手をふって、やーーー、ってなもんですが、どうも見る目に疑惑ちっくな臭いを感じるわけです。

見せもんじゃねーーよ、あああああ。と、何か敵意むき出しです。

畜生、あの女将、しゃべりやがったな(妄想) もうすっかりアシがついちまってるじゃーーーねーーーか

走りにくいったらありません。。。みんなじろじろ見るんだもん。。(自意識過剰)

うら若き女の子(多分高校生くらい)が、きゃっきゃと、遊んでました。

今の僕なら、愛娘の将来を想像しながら、とっても優しい目で見るのでしょうが、当時の僕には、恐怖の対象

なぜなら、


田舎の女子高生って、とーーっても、素直だからです!


そう、思ったことを、そのまま口にします



「みてみてーーーー、あの人変だよーーー」

と、言いながら、乙女たちは、逃げるようにその場を去っていきました。。。


そんな、もう少し、オブラートに包めよな。。。ダイレクトに、変って、いうな、しくしく。

でもね、そんなに変かなぁ?何が変だったのか、未だに僕には理解できんが、色んなことを含めると、変態に見えたのでしょう。。


もう、ここまでやられたら、完全に鬼畜米兵扱いされているも同然。この島で、市民権を得ることなんて、絶対起こらないわけですよ。。。

もう、いいんじゃね。。おまえ、これ以上、傷ついたら、立ち直れないぞ!そもそもここにお前は何をしにきた?

ちょっとだけ、人のぬくもりがほしかっただけじゃねーのかよ。

それが、この仕打ちさ。そりゃ、プランにも無理があるし、格好も間違っちゃったさ。

でもさ、さらに人里恋しくなったって、ここには、おめーの居場所はねえってよ。。。

そんなことを思いながら、進んでいたら、、、本日のお宿の目の前に着きました。。。

昨日と比べて、引けも劣らぬ、、、、豪奢なつくり。。。。
きっと女将連合会で、情報もってるだろうから、はじめから自殺注意者として、迎えられるか、もしくは変人扱いか。。いずれにせよ、ここには、ぬくもりはない



ぷつっ

無理やり食い止めていた最後の一本の糸が、ぷっつーーん、と、切れました。


気がついたら、僕は今来た道を逆走して、港に向かっていました。

そして、港で東京に帰る船を調べる。

あ、今日帰れる!!!!

あの時のうれしさ、忘れられません。帰れるんだーー!!!ばんざーーーい!

そして、そっこう宿にキャンセルの電話をいれ、そして、そして

あまりに寂しかったのでしょう。。。





僕は、広島にいる幼馴染に電話をしました。。。


「おー、わしじゃ。今、三宅島におるんじゃけどのー」

「今日帰ろうとおもっとるんじゃが、お前明日とか、なにしとるんや?」

「おお、そうか、じゃ、明日わし、広島帰るけぇ、遊ぼうや」


。。。。。。。。。。。。。


わかります?この最後のくだり。ここが、もっとも、寂しい。。。しくしく。。



あまりの寂しさに、人恋しさに、人のぬくもりを求めて、最後の手段。。



捨てた故郷に帰る(うそ捨ててない)



かくして、僕は、その日、フェリーで、竹芝に戻り、部屋に戻ったら即シャワーを浴び、クールないでたちで街に出て、ニヒルな都会人として、街を闊歩しました。三宅島のことは、そっこうで、忘れました。

次の日の夕方前、完全に三宅島を忘れた 東京人メイパパは、広島に降り立ち、悪友と広島で、残りの夏休みを、少年のあの頃に戻って過ごしましたとさ


めでたしめでたし



ね、さむい、しくしく話だったでしょ。

この話、もう完全に記憶からなくなっていたんです。で、ロードバイク乗るようになったら、走馬灯のように思い出して。。。あー、これがルーツかー。と、思う今日この頃です。

ちなみに、この話を話した友人は、いつか必ず三宅島リベンジに行け!と言っています。

確かに今なら、フェリー上等客室で出向き、ほどよく整備されたホテルにも泊まり、ドグマ(まだきとらんけど)という最高なロードバイクでもって、服装も完璧

まったく制覇できなかった三宅島一周という野望もぐるぐると果たせるだろうし!

あの時、僕に向かって、変!といった乙女たちも、もうすっかり大人の色気が薫っているはず。

間違いなく、俺に恋をし、車窓から、キャーーー。かっこいい!今晩お酒でもいかが?(妄想好き)

って、なるに違いない!

もしリベンジするなら、絶対あの女将のところに行きます。覚えてますかーー?あの時の、自殺狙いで島に来た黒装束の自転車のりです。あそこで自殺を止めてくれたから、今は元気にがんばってます!!!

って、大嘘ついたるーーー。(意味なし)復讐たい!

ま、そんな馬鹿なことはしませんが、ふと、懐かしい気分ですね。

そんなところに、昔の自分がいたなーーってね。

だから、リベンジも悪くないなと思います。今は噴火とかあったからどうなったのか分かりませんが。。。

東京に戻ったら、プランしようかなー。

誰か、一緒に行きません???

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

逆走www

メイパパさん、こんにちわー
いや、途中までは、そぉーは言いながらも案外楽しんでるんじゃ?と思いながら読ませてもらってましたが、、、
逆走のところで、職場で「逆走っ?!」て声が出てコーヒー吹きそうになりましたょ~
あぁマヂでキツかったんだ(精神的に)ということが分かりましたー

うん、リベンジするしかないですねー「三宅島リターンズ」の記事がアップされる日を楽しみにしておりますー

Re: 逆走www

Yabooさん、

当時はまだ精神的戦闘力が低くてですねー。ナイーーーーブだったんです!!!

今ならさらに笑いを取りに行きますけどね!!

おっしゃるとおり、多分、リベンジしそうな気配です(笑)

No title

メイパパさんどうもで~す。
ドグマで三宅島リベンジですね!逆に目立ちすぎますが・・・(笑)
ついに写真UPですね~私がなんか緊張してきました~
いいですねアクセサリーそろったんですね。
こちらはメット・グローブ・サングラスが未購入で来月ですかね。そろそろ組み上げしてもらいますが緊急でチェーン落下防止(棒みたいな奴)を付けようかと思っています。メイパパさんは不必要ですかね~

Re: No title

スカイさん、

ブログ書いたように今日組立依頼です!チェーン落ち。。たぶんなくても大丈夫ですよ!僕は今回はミッシングリンクを導入しようと思っています!!!チェーンをきれいにするために。
プロフィール

メイパパ

Author:メイパパ
六甲山のふもとに住んでいます。
こんな坂自転車で登れるの?という疑問からロードバイク人生がスタートしました。

東京都に引っ越しました
ロードバイク人生第二幕の開始です
一体どこに行けばいいのか悩む日々

そうとうあいもかわらずど貧脚です



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
アクセス数
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。